• HOME
  • 診療科目
  • 虫歯治療、無痛治療

虫歯治療、無痛治療

虫歯治療

一度出来てしまった虫歯は自然に治ることはありません。

何もしなくても症状が治まることもありますが、
いずれもっと強い症状が出てしまいます。
治療後の歯は何も削っていない歯に比べるとどうしても
弱くなってしまいますが、様々な治療法や材質を取り入れています。

MI/ミニマルインターベーション(最小限侵襲)

最小限の治療を基本として『できるだけ歯を削らない』ことを目標としています。
虫歯治療では、治療によってなされた詰め物と歯質の境目は最大の弱点となります。
お口の中の環境は細菌や咬む力など過酷な状況の中で、
この境目がいわゆる「2次むし歯のターゲット」になります。
MIではその弱点を最小限にして2次むし歯のリスクを減少させることができます。
また残念ながら再治療になってしまったときも健康的な歯が比較的多く残されていると、
治療の選択肢が多く残ることになります。

ファイバーコア(樹脂の歯の土台)

神経を抜いた歯は死んでしまいますので、神経がある歯よりももろくなります。
多くの歯質が失われた場合通常金属の土台を使いますが、
これに置き換わる新しい素材としてファイバーコアがあります。
それには様々な利点があります。
金属の土台も接着剤(セメント)で接着しますが、金属の土台、接着剤、歯の3者は、
お互いの細かい溝などに接着剤が入り込んでいておえている状態で、
完全には一体化しておりません。(機械的接着)
ファイバーコアは樹脂の接着剤を使用することによって
金属と比較すると一体化しやすいのが特徴です。(化学的接着)
またファイバーコアは適度な弾性を持ち歯と同じような硬度を持つため、
歯の根にかかる負担を軽減して歯の破折を抑えることができます。
オールセラミックスクラウンなど透過性の高い材料を使うときも
内部の色調に影響を受けにくいのも特徴です。
残っている歯の量が少ないとき、負担が強い場所などにお勧めしています。

無痛治療

無痛治療への取り組み

皆様が歯科治療を敬遠する理由のひとつに痛みというものがあります。
局所麻酔の発達で抜歯や神経の治療を痛みなしで行うことが可能になってきましたが、
残念ながら全ての治療内容を無痛にすることは不可能です。
しかし可能なかぎりの努力をして、皆様の嫌いな『痛み』を感じないように工夫をしています。

痛くない麻酔注射

表面麻酔
麻酔時のあのチクッ!とする『痛み』を感じないように、
歯肉の表面に液状の麻酔をつけて
痛みの感覚を麻痺させます。
電動麻酔器
電動麻酔器は機械の圧力で麻酔液を注入するため、
ゆっくり痛くないように注入することができます。
レーザーの使用
レーザーの光を当てることによってその部位の痛みに
対する感覚を鈍くさせます。
このときに使うレーザーは弱い出力で行いますので、
痛みはありません。
針のない麻酔器(シリジェット)
これは針のない麻酔器です。
麻酔液を圧力で瞬時に飛ばすことによって、
ごく少量が歯肉の中に入ります。
一瞬で終わるため、針に対する恐怖感がある方には
ご好評いただいております。
山口歯科医院メールでのお問い合わせ
※日曜・祝日は休診です  ※初診・急患 随時受付ております