• HOME
  • 診療科目
  • 歯周病

歯周病

歯周病とは

歯周病は古くから歯槽膿漏と知られていて日本人の80%が患っていると言われている歯ぐきの病気です。程度は様々ですが初期の段階では症状がほとんど現れないのが特徴です。
歯周病は歯の周りの組織(歯ぐきや歯が植わっている骨など)が細菌によって破壊されて溶かされてしまう病気です。
1度なくなってしまった歯ぐきや骨はもとに戻りづらいので、そうなってしまわないうちに予防することが大切です。
また、出来るだけ早期に発見して対応することで、その後の治療期間や予後も良好になりますので、まずはご本人の状態を知るところから始めて行きましょう。

歯周病の進行について

健康な歯周組織

この歯肉溝にプラークがつかないように適切なブラッシングが必要です。
処置 3~6ヶ月に一度、定期健診を行いプラークコントロールしましょう。

歯肉炎

歯肉溝にプラークがたまり、歯肉に炎症が起きています。
歯周ポケットと呼ばれるものが出来てきました。
この段階では、歯を支える骨は無くなり始めていません。
処置 3ヶ月に一度くらいの検診を行い、ブラッシングにて改善をします。
簡単な歯石除去を行う場合があります。

軽度歯周炎

歯周病になり始めました。歯周ポケットは4~5mmほどになって
ポケット内にプラークや歯石がたまり炎症がより強くなります。
歯肉の炎症も強まり、歯を支える歯槽骨も吸収し始めます。
処置 麻酔をして歯石除去を行います。

中等度歯周炎

炎症が進行して歯周ポケットが深くなります。
出血や歯ぐきの腫れなども現れることがあります。
処置 麻酔をして歯石を除去します。
場合によっては歯周外科に移行する場合もあります。

重度歯周炎

歯周ポケットは6~9mmほどになり、腫れも大きくなり出血も多くなります。
歯の動揺も出てきます。
処置:歯を保存できるようであれば歯石を取り、
歯周外科や再生療法を行います。しかし、抜歯となることもあります。

歯周病治療の流れ

1精密検査 まずは歯周病の検査から始めます。
歯周ポケットの測定、レントゲン診断、かみ合わせなどをチェックします。
2スケーリング・ブラッシング指導
精密検査の結果をもとに歯の表面の歯石やプラークを取り除きます。
歯みがきの指導も十分に行います。
3ルートプレーニング
さらに歯石が奥までついているときは、1回に4~6歯ずつ丁寧に歯石を取って歯根の表面をツルツルに仕上げていきます。麻酔が必要なこともあります。
4再評価
炎症がどれくらい改善されているか、再び検査を行います。
5再評価後
炎症が落ち着いていて症状が改善していたらメンテナンスへ移ります。
炎症が残って症状が改善されていない部位は、
再度患者さんと今後の方針を相談して歯周外科や再生療法に移行することもあります。
山口歯科医院メールでのお問い合わせ
※日曜・祝日は休診です  ※初診・急患 随時受付ております